スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

フィンランド旅行最終日


 2010.10.24(日) (ちょうど1年前になってしまった、メモを見つつ思い出します)

【5日目】くもり・雨

日曜日!

月曜日に帰国するのでまるっと1日観光できるのはこの日がラスト。
雨も降っていて、なんだか眠かったのでホテルの部屋でごろごろしていたら、お掃除の人のノック音でハッとする。掃除はいつも11時ごろだったので、もしかして今日チェックアウトだっけ…!と少し不安になりながらドアを開けると、今日は同じフロアでも回る順番が異なっていただけでいつものルームキーピングでした。
髪もぼさぼさだったので、今日は結構です〜と言って部屋に引っこむ。

昨日はデザインミュージアムに行こうと意気込んでいたのだけれど、外も雨で暗いしいまいち気分が盛り上がらず、昨日買った食器を眺める。


湯のみ、コップ?は祖母に。器は、黄色が母で水色が自分用。食器は見てると欲しくなってしまう。普段、自分の家の食卓では見慣れない色だけど、ごはんをよそっても違和感が無いってすごい。この器でお茶漬け食べたなぁ…

買ったものや、お土産を並べていたら外も少し晴れてきたようなので、意を決して出る。やっぱり、せっかくの日曜日なので。

↓続きへ

続きを読む >>

フィンランド旅行4日目

2010.10.23(土)

【4日目】晴れ


この日は5日間でいちばん晴れた日でした。
土曜日なので、朝食のバイキングが8時から。朝から天気が良く、綺麗に晴れてるフィンランドはこの日が初めて。

この日はアラビア工場に行こうと計画。中央駅からはトラムで少し遠くの方にあるので、トラムの1日券をまた買おうとホテルを出る。


黄色く目立つお店はkioski
多分キオスキって読む。土日でもやってるコンビニのようなお店。キオスクか。


喉が乾いたのでジュースを買う。間違って炭酸を買ってしまった。ほとんど炭酸入りなので、聞くしか無いなぁと思ったけどペットボトルの形が違うんだね、炭酸は。

・朝市1
エスプラナーディの方へ出てみると、海の方が賑わっていたので何かと思ったら、朝市でした。夏だけなのかなと思ってたので、テントがずらっと並んでたときは嬉しくなった。
かもめ食堂でも朝市に行っていたなぁとしみじみ。


海が近い。空も白飛び


かもめがいました。

帽子を編んでるおばあさん。モフモフした毛皮も売ってる。


ぬいぐるみと子供


あちこちでニット帽を売ってる


軽食を食べられるスペース


ハンドメイドの雑貨

トナカイの毛皮とか木の籠や、キノコを沢山売ってるお店もあった。観光客も多い。外でもクレジットカードが使える場所があったり。

↓この後アラビア工場へ。長いので続き。 
続きを読む >>

フィンランド旅行3日目

 2010.10.22(金)

【3日目】くもり、雨、雪


この日は朝から雨。
月曜の17時にフィンランドを出るので、1日動き回れる平日はこの日がラスト。
かもめ食堂が平日しかやっていないとの事なので、この日はヘルシンキの南の方を散策。
トラムで行こうと思ってたけど、調べてみるとホテルから歩いて15〜20分程。

・Fazer Cafe
10時頃ホテルを出る。早速かもめ食堂…と思ったのですが、中央の方にチョコレート専門店があってカフェになってるのを昨日見たのでホテルを出た瞬間そちらに行くことに決める。こんな時一人でよかったなと思う。でもカフェに入ってる時一人寂しすぎた。


Fazerというチョコレートの老舗ブランドのカフェに行きました。Geishaチョコってチョコがお土産で人気の味でした。フィンランドもいろんなチョコがあったけれど、ものすごい甘いチョコレートが多くて日本のミルクチョコが恋しくなる所、FazerのGeishaチョコはアーモンドが入ってるやつが甘さも丁度良くておいしい。
あとはPanda(パンダの絵書いてあった)ブランドのチョコレートも、ものすごく甘くてうおおとなったんだが、SUOMIチョコ(フィンランドの国旗)がおいしかった。フィンランド語が読めたらもっと好きなチョコが見つかったんだろうな。

とりあえずチョコレートがとても好きです。


入って左がカフェ、右はチョコレート売り場。11時ごろだけど新聞を読みながらコーヒーとかケーキを食べてるおじ様、お姉さんがいた。落ち着いた雰囲気。店員さんの黒エプロンが素晴らしくて幸せ。


後でiPhone見たら加工した写真しか残ってなかった。コーヒーがミルクティー色になってる。
カフェのほうでケースの中のケーキを眺める。フィンランド語のチョコレートがわからないので茶色いものをチョイス。
カウンターの内側に店員さんがいるのでこのチョコレートのケーキをくれと注文。その場でお皿に載せて渡されるのでそのままレジに。レジでコーヒーを注文して席に着く。コーヒーはまた飲み放題。コーヒーの受け皿にキャラメルの中にチョコレートが入っているお菓子が付いてきた。チョコレートうまうま。

ケーキだけじゃなくてサンドイッチとかサラダのようなものも売っていた。お昼ごはんも食べられそう。

・マリメッコ
お店を出たあとエスプラナーディのマリメッコを覗く。店構えがもうおしゃれすぎてボンレスハムみたいなコートが辛い。1階が洋服などなど、すぐ下に降りてみると雑貨や布や食器やらが。気がついたら免税手続きをしてもらう金額。一つプレゼント用にしてもらって、その間レジ周りをうろうろ。



新聞紙ぐらいのフリーペーパーを頂いた。レジ前の商品紹介のペーパーと、袋の中にも柄のペーパーをいれてくれた。ラッピングもかわいらしくしてもらった。免税手続きするのに開けちゃいけないのがもどかしい。

南に向かって歩く。
↓写真が多いので続き

続きを読む >>

フィンランド旅行2日目

 2010.10.21(木)

 【2日目】くもり

朝は6:30ごろに起きる。外も真っ暗なので30分くらいじっとしてたら、明るくなる気配がない。ぼんやり明るくなってくるのが8:30過ぎ。
7時〜10時の間に朝食があるので、8時ごろ1階に降りる。パンとチーズとハムが数種、フルーツ、シリアル、サーモン、きゅうり、レタス、トマト、フルーツ、ゆで卵、ヨーグルトといった感じのバイキング。
2人がけが8席、4人がけが2席、となりの部屋にも数席あって、夏は中庭で食べられるらしい。フィンランド語:英語:その他言語が4:4:2ぐらいで聞こえる。
食器がイッタラで統一。透明な黒のお皿と白いマグがすてきだった。

5日間で一度も写真撮らなかったのが悔やまれる。毎朝サラミを数枚無心で食べてた。おいしいねサラミ。

・エスプラナーディ

中央駅から南に向かって10分程、Hotel Fabianから北に向かって3分程の辺りがエスプラナーディ通りというらしい。マリメッコとかイッタラとかアーリッカが道路沿いに並んでいる。


広場は砂。周りは芝生で囲まれてて夏は寝転がってる人もいたり。


公園の中心に銅像。夏だったらベンチでゆっくりしてたかったが、今の時期は風通しが良すぎた。


平日の午前中は天気のせいか観光客もめったに見ない。
あ、でも日本人の女の子2人に場所を聞かれた。なんか間違った事言ってしまった気がする。申し訳なかった、バス乗れたかな…

・ショッピングセンター
そのまま西に歩いていくと中央駅につながる大通りに出る。
数階建てのショッピングセンターとかが並んでる。


その一つのFORUMは地元の人達がよく行くようなショッピングセンターと書いてあったのでとりあえず行ってみる。カジュアルな洋服屋が多い。女の子多い。
あと広くて、どこからどこまでがFORUMなのか分からなくなる。気がつくと屋外に出てたりするから迷う。中にムーミンショップがあったので早速購入。

・昼飯
歩き疲れておなかがすいたので向かいの方にあるストックマンに入る。


ここもまた大型ショッピングセンター。食器やら家具やらが入ってる。FORUMよりちょっと高級な感じ。
1階と地下が食料品やスーパーになってるので文房具なんかも買える。パン屋さんとかお惣菜屋さんにお世話になる。寿司とか売ってた。
昼は1階のサブウェイみたいなカフェでベーグルのサンドイッチを食べる。


パストラミのサンドイッチ。サブウェイみたいに中身をいろいろ注文できるらしいけど、それは私にはできない。レベル高い。
出来合いのものを温めてもらったほうがきっといい。ピクルスさえ入ってなければいいや!と思ったのでそれだけ聞いて温めてもらった。おいしい。
サンドイッチとか食べ物先に注文して持ってって、レジで飲み物を頼むシステムが多い。
コーヒーとサンドイッチで700〜800円ぐらいかと。物価はやっぱり高めなのね。でもコーヒーとかは2ユーロで飲み放題なので嬉しい。
フィンランドの食材は、確かにちょっと高いけど、安いものを買ったら美味しくなくて失敗したので、美味しいものはある程度するのだろう。でもきっと地元のフィンランド人は安くて美味しいものを知っているんだろうなぁ。パン屋のパンと袋詰めのパンでこんなに味違うのか…と驚愕した。日本のコンビニのパンておいしいんだなと思う。無性にスティックパン食べたくなった。

・周辺ぶらぶらする

ストックマンの近くにあった銅像。鍛冶屋だって。絶対これは週末になると登る人が出てくると思う。

お昼を食べた後ストックマンの中を見て回る。夕飯のサラダとマグカップを買う。

・夕飯
カトラリーセットを持ってくるの忘れたので、サラダが食べられない。手を使うのは思いとどまった。明日食べる、冷蔵庫へ。結局前日のハンバーガーの残りとポテトを食べる。なんか可哀想。

寝るとき用のバスローブがおいてあるんだけども、私が着るとどう見ても白帯の選手だった。
もっと、なんかこう、シャム猫を抱きながらワイングラスを傾ける女性になりたい。

そういやタオルとかシャワールームとか清潔で暖かいけど、バスローブの繊維がやたらぽろぽろと落ちてた。絨毯とかそこらじゅうにぽろぽろがたくさん。

明日はかもめ食堂や、平日しかやっていない所に行こうと計画して眠る。


フィンランド旅行1日目【日本出た】

 2010.10.20(水)
 やっと日本でました

 【1日目(フィンランド)】


・finnair
機体がかわいいフィンエアー。エコノミーの4人がけ通路側だったのですが、
前後の座席間が少し狭い。外国人は日本人より体格がいいと思うのだが、設定サイズはあれでいいのかしら。斜め前のおじさんがぴちぴちになってた。
周りの乗客は日本人が多い。隣はどこかの学校の先生グループだったようで、出張なのか休日なのか楽しそうだった。
CAの人たちも日本人とフィンランド人?が数人ずつ。

・機内食

フライト時間が10時間20分なので昼ごはん用?の食事が出る。ポークカレーorエビのあんかけだった。
[ポークカレー][パン][そば][サラダ][クラッカー][ゼリー][キリチーズ][お水]日本食ww
量がどっさり出るので食べきれなかった。座席にひとつペットボトルでevianのお水が付くのでとても助かる。

パッケージとかコップとかfinnair色。日本茶とかももらえるので帰りはうれしいと思う。
椅子についてるパネルでは、映画とかゲームとかニュースやら。ベストキッドとトイ・ストーリー3を見る。
トイ・ストーリーで目と鼻からいろいろ出てきて堪えるのが大変だった。機内で見るもんじゃない。何度か停止ボタン押した。

・機内食2

コーヒーやら紅茶やらワインやらビールやらジュースやらを飲み到着1〜2時間前に軽食
[チキンカツのサンドイッチ]これもでかい
カトラリーセットはプラスチックだけど、フォークの形が変わってたので帰りに写真とろう

飛行機の揺れも少なくお昼の便なのでゆっくり寝ることもなかった分調度良かった。
トイレもきれいめ。
食事を配るときとか、CAの人がムーミンのエプロンをしていてかわいい。

・ヘルシンキヴァンター空港
入国審査は何も聞かれなかった。ドイツ・フランスとも聞かれたことが無い。そんなものなのかしら。スーツケースも無事。
手荷物でかさばったコートをやっと着る時が来た!
スーツケースに入れたら取るの大変だし…と思って仙台から小脇に抱えてきた甲斐があった!モコモコしたやつ。

・Zonga

フィンランドで使えるポケットwifi。finnairの到着するターミナル2に貸出の窓口がある。
ヘルシンキ内はいろんな公衆無線LANが飛び回っているらしいですが、場所も限られていると思ったので常にネットに繋がるようにポケットwifiを登録。
1日9ユーロ。海外パケットし放題1480円よりは少し安い。今は1ユーロ113円ぐらいだし。
これがすごく便利でした。iPhoneの地図で位置情報使って案内してくれるアプリが使えるのは心強い。あと地味に方位磁石って便利ね。普段は東西南北意識して歩いてないもの。
充電はUSBケーブルなんですが、フル充電すれば一日中つけっぱなしでもなんとか持つ。
ただUSBケーブルの充電だからパソコンとかコンセント用の端子がないと詰んでいた。
でもホテルのテレビにUSBのポートがついてたのでそこでも充電できた、何用なんだろう。
使い終わったら、フル充電して郵便ポストに入れるか、特定のホテルのポストに入れるか直接返せばいいらしい。間違って家に持ち帰っちゃったら郵送してねって書いてあった。

・空港バス
乗り場はすぐ見つかる場所にあったんだが、Finnairバスてのと市営のバスがあってどっちも券売機があるから先に買ってるといいよと本に書いてあったので自動券売機を見つけるのに約1時間さまよった。
運転手から券は買えるよっても書いてあったけど、なんか、こわいなぁと思ったので必死に探してた。キオスクでも買えるよっても書いてあったけど、レベル高いし…と頑なに自動券売機探した。1時間経ったと気づいたときに、やっと運転手から買おうという気持ちになった。
なんであんなに拒んでたのかわからない。チキンだった。
5.9ユーロで600円ぐらいなのにクレジットカードも気兼ねなく使って!って雰囲気で噂のカード社会の片鱗を見た。ペットボトル一本でもクレジットカードでいいよ!って感じ。ICチップ付きが多いから暗証番号入力で素早く安全にできるのかもしれない。日本はほとんどサインだけど実際サインを確認されること無いから危険よね…とバスの中でしみじみしてた。

・中央駅
中央駅
小雨。少し寒い。ホテルへは3Tってトラムで行けるはずなのでトラム乗り場探し。17:00くらい。トラムもまた券が必要。数日間の乗り放題の券だとかいろいろあるのです。
これもまた券売機orキオスクor運転手だったので券売機を探しました。学習はしません。
今度は30分くらいで見つかりました!やったね!ただどうやら古いタイプなので紙幣が使えません。クレジットも私のはICチップが付いてないので差し込み口を見るとたぶん無理。
空港バスで現金で払ったのでお釣り持ってたのが幸いでした。
中央駅東側のバスターミナル近くで買ったんだが、なんだか反対側の方に新しいタイプの券売機も合ったようなので次回は5分で買えるはず。

・トラム

3Tてのに乗ったのだが、途中から3Bという路線になって環状線になっているトラムでした。券売機で買った券は、トラム専用シングルチケット1.8ユーロっていうので1時間以内なら乗り放題らしい。1回券ってのが無いのかな、1回が1時間なのだろう。トラム専用チケットなので1時間以内でもバスに乗り換えは無し、バスもトラムも乗り放題ってチケットもあった。レシートみたいなものだけ出るので所持する。
トラムに乗ったら刻印とかしないといけないのかなと思ったけれど、刻印機はICカードタイプのに使うらしい。レシートには1時間後の時間が刻印されてるから、カードタイプみたいに時間の刻印は必要ないのかな。なんか不安になってきた。あんなレシート差し込めないと思うけど…
度々ある検閲で、刻印されていないチケットを持ってる場合は罰金があるそう。

・Hotel Fabian

中央駅からトラムで7,8分ぐらい。そこから歩いて2分ほど。次の日歩いて中央駅まで行ったら14,5分で着いた。ヘルシンキ市内は歩いて回れる距離だそうです。石畳で疲れるけれども。
秋のセール!だかでお安くなっていた所に運良く予約ができました。口コミ評価が高いので期待。でも日本語のレビューがなかったので少し不安。

入ってみると目の前がレセプションになっている。受付の人いけめん^q^。フィンランド人いけめんたくさんいる気がする。英語も流暢でややゆっくりめに話してくれる、優しいのう。
カードキータイプのホテルで、エレベーターも客室の方に上がるにはキーをかざさないと動かないようになってて安心安全なホテルでした.

↓続き:内装写真
続きを読む >>

フィンランド旅行1日目【まだ日本】

 2010年10月20日〜25日のフィンランド旅行について書きます。
今回はずっとヘルシンキにいる予定。ムーミンワールドとかサンタクロースがいる所とかオーロラとか興味はあるけど、さすがに一人だと泣きたくなってくると思う。虚し泣き。
なので全日程でヘルシンキを歩きまわって、今度来た時庭のように歩きたい。

【1日目(日本)】

・成田空港11:00発の直行便。Finnairに乗る
仙台から余裕を持った到着を目指すには、始発の新幹線6:08に乗らないといけない。いきなり難関の早起きをしなければならない。辛かった。

・上野でスカイライナーに乗る
いつも東京で降りるので上野駅よくわからない。乗換の時間も少ないし、1本逃すと手続きの締切りギリギリになってしまうので焦る。自分で探しもせず駅員さんに聞いたの初めて。なんか悪いことしてる気分になるけど、こうやってすぐ誰かに聞けば時間を無駄にしないんだよな…ってスカイライナーの中でしみじみする。あと車窓からヤギが見えたと思ったら白い服着たじいさんだった。

・搭乗手続き
前日にオンラインチェックインをしてたので、席も確定してるからプリントアウトした紙だけもってけばおっけーのはずだった。チェックインカウンターで結構人が並んでて、スーツケース預けるのに時間がかかった。一本逃してたら間に合わなかったな…上野で走ってよかった…。
やっと順番が来てスーツケース預けて(スーツケースの検査なかった)チェックインした紙見せたら荷物のクレームタグ?シール?をその紙に貼って渡されたんだが、他の人達は一般的な搭乗券を持ってる。あれ?って思ったけど、同じようなバーコードもついてるし、紙ごと返されたし大丈夫だろうと思ったのが9:50
両替出来てなかったし、ということでその後両替をして丁度良く隣がスタバだったので飲み納めしようとしたのがいけなかった。ほんと、ダメ絶対。
隣が出国手続きの場所で、安心していた。たぶんちょっと眠かった。ぼーっとしてたら10:20。
あれ…搭乗開始が20分からだっけ…って思ってたのでおっと危ないぐらいの気持ちで手荷物検査に向かい、パスポートと紙を見せる。

「…えと…これだけですか?」

あっこれはやばいなと思う。「これしか渡されてないです…」って言いながら、なるほどカウンターの人WATASHIWASURETA!んじゃねーの!\(^o^)/が再生される。
見せた人が他の人を呼びに行く間、飛行機に乗れなかった場合を考える。
後から来た人も、これは…って表情をしてもう一度Finnairのカウンターへ行ってください人のこと。更に「搭乗手続きの時間が過ぎています…ね」
うわああ:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:ああああ
チョコスコーンなんか食べてた自分を呪いたい。キャビンアテンダントの人たちをイライラさせてる所にすみませーん><って走っていく自分の姿が目に浮かぶ。恐ろしい。
とりあえずカウンターに走ってチケットもらう。印刷したやつは成田では使われてない形式だとかで、Finnairのカウンターの人もすみません入国審査の人に連絡しますからって言っていたのだけど、いや、すべては私がチョコスコーン食べてたからこんな事態になっているのだよ!と言う暇も無く、入国審査の人が違う方から手荷物検査してくれると言っていました!ということをジェスチャーと言葉7:3ぐらいで伝えた。日本語だったんだが。

手荷物検査は人が並んでる所から外れて裏側の方から行った。ものすごく焦ってたんだけど、貴金属検査のゲートくぐりながら、セレブルートなう!って頭の中でつぶやいた。
手荷物にパソコンを入れてたので、カバンの中から取り出すのと入れるので手間取った。そこまで送ってくれた人がいつの間にかいなかったので、ここからは一人か!と搭乗口を目指す。
走りながらどこだ!と思ったら、搭乗口がある建物に行くのにはモノレールを使うそう。
これ、間に合わないんじゃ…とビクビクしながら扉の前にスタンバイする。
開いた瞬間走りだした私を、モノレールに乗ってたもう一人はどんな目で見ていたのかしら…。
94、94、94どこ!ごめんなさい!とCAの人たちの微笑の下にある冷ややかな眼差しを想像してゾクゾク…してはいない大丈夫だ問題ないそこまで変態じゃないほんとに申し訳なかった、たぶんボサボサになった惨めな姿の私を見て哀れんでくださったのだろう、最終案内で私の名前が呼ばれてるところにすみません!って飛び込んだら微笑んでいらっしゃった。
10:40に飛行機に入ったら、まだ座れていない人もいて少しほっとする。これならCAの人たちにジャンピング土下座する時間があったか。ほんとご迷惑おかけして申し訳ない!

早め早めに行動しないと心臓にも悪いからね。気をつけます。飛行機乗れないかも…って思った時の血の気がサァーッって引く感じはもう味わいたくないですな。


結局日本出国してすらいない所で一旦区切ります。
1