スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハッピーエンド

今朝見た夢がハッピーエンドで、起きた瞬間幸福感に包まれた。よかった〜〜〜!ってなる瞬間って生活してると時々あるけど、ほんとそのぴったりが起きた瞬間というのは初めての感覚だった。

今日見た夢も三部構成で、最初は不動産屋さんに怖い部屋を紹介されて内見を済ませていた。手作りの神棚が壁に設置してあって、違う壁にはOne for ALL. All for ONE. って手作りタペストリーが飾ってある。部屋の説明で、夜20時過ぎにテレビを見ることを禁止って書いてある項目の所を、他の部屋の方もみんな、みんな20時以降は見ていないんですよ?ってねちっこく説明された。嫌がらせに、この部屋宛にピザ頼んで逃げる。たしか204号室だった。部屋を出た後にちょうど知らない親娘が内見に入れ違いで入ったところで場面が変わる。

どこかの校庭で、燃えながら隕石が落ちて来る。最初はうまく避けられなくて、熱風を吸ったところまで覚えているんだけど急にまた隕石がくるぞっていう話になって、あっこれ二回目だ!という体験をする。二巡目の世界か〜と思いながら今度はうまく角に隠れることができる。

そして最後の場面は、カルガモの親子を、なんとか街中を移動しながら目的地まで連れていくという設定。微笑ましいのだけれど、カルガモの数が多く、10mぐらいの列になって感覚だと1時間ぐらいずっと歩く。子どものカルガモがフラフラで、街中だから自転車も通るわ猫も見てるわでずっとハラハラしながら隣を歩く。見覚えのある道に出て、突き当たりを右に曲がると下り坂になっていてその先が河原になっていた。

やっと着いたよ!河原だよ!!!って子どものカルガモたちの顔を覗き込んだら一斉にパァッ…!と嬉しそうな顔をして、転びそうになりながら坂道を駆け下りてゆき、川にダイブしたのを見てやったあああ!!!ってなった瞬間に起きた。こんなに最高な気持ちで目覚められて幸せだった。

ただ思い返すと、パァッ…!って嬉しそうな顔をしたカルガモはどう見てもアヒルだった気がする。どっちでもいいけど。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL