スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

おなかが鳴る

お腹の鳴る頻度が高すぎて、これはもう、うっかり屁をこいているのではないだろうかと自分が信じられなくなってきている。

姿勢が関係するのかと、背筋を伸ばしてみたり、だらしなく座ってみたりするのだけれど、何も変化は得られない。空腹時ではなく、お昼過ぎに鳴ることが多いので、頑張って消化活動をしている音なのだと受け入れてはみても、私の中心から響き渡るグゥとも言えない、猛獣のようなギョルゥゥゥ…いう音が周りに聞こえていないわけもなく、恥ずかしげもなくよくもまぁ真剣な面持ちでパソコンをみていられるものだ、と思われているのではないかという被害妄想に取り憑かれている。

被害妄想のことは前も述べたことがあったけれど、そんなこと無いよと言ってもらえる時期も過ぎ、いよいよ苦笑いの一つでもされる日がやってくる気がして、前よりもいっそう腹の音が気になり出してくる。

しかし気になるというのも実際は少し前の感覚で、今ではもう、オフィスの環境音にうまく紛れているのでは?耳鳴りのようなもので私にしか聞こえないのでは?腹が鳴るキャラとして受け入れられているのでは?と腹が鳴ることに対して、呼吸までとはいかずとも、クシャミや咳と同じぐらいのものだろう!みんなしてるじゃん!という少しのふてぶてしさが開花しつつある。

周りの人の優しさにあぐらをかいている発想であり、やはり女性として恥じらいは持つべきだろうという想いを胸に、うっかりと屁だけはこかないように気をつけていこうと思う。

スポンサーサイト

コメント

旅行記だというので見てみたらこの内容だったので軽く吹きました。

  • うー
  • 2013/08/20 21:55
トラックバック
この記事のトラックバックURL