スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ひとりごと

最近ひとりごとが多い。

家にいるとふとした瞬間に、あれ…今声に出していたのでは…?とか、直前に言った言葉の声の感じやテンションがおかしくて、何言ってんだ…と反芻してみて思わずゾワッとする。
人が聞いていたら立ち直れないレベル。

きっと、シーンとして他の人の声が聞こえない時に、音を出してみようという気持ちになって、声がひとりごととして出てしまうんだと思う。外で歩いていたり、電車の中で言ったことは無い。

気をつけないといけないのは会社で、音楽を聴くためにイヤホンをしている時。音が聞こえているうちは、パソコンの前で目で見て考えていることと音を聴くことで、声を出す隙間はないのだけれど、プレイリストが終わって無音のままイヤホンをつけていると、目で見た情報とか考えていることがそのまま口からポンと出やすくなってしまう。

いろいろ塞いだり閉じたり開けたり調節しないと、そのとき必要ない部分が活躍してしまうので気をつけよう。

落書き9

午前中はあんなに暖かかったのに、夜がこんなに冷えるとは…。

7分袖で外出したので、帰りは出ている腕3分ほどをポケットに隠すので精一杯だった。





午前中に干した布団が目の前にあるので、今から眠るのが楽しみ。

布団を干して、しまった直後にそのまま寝ることができたらいいのに。

普通は日が傾いてしまった3時4時ぐらいにしまうと思うんだけど、そこから就寝時間まで9時間ぐらいあるわけで、どうしても布団の温度は下がってしまっている。



布団を干した後にそのまま昼寝に突入するというのを、また週末にでもやってみよう。

布団をしっかりと干せるように休日でも早起きするだろうし、充実した午前中を過ごせるので、昼寝ぐらいはしてもいいかもしれない。



夏になると布団を干したありがたみを感じなくなるので、羽毛布団+毛布のもうすぐ終わりそうなこの次期をぎりぎりまで楽しみたい。

花粉

花粉の季節。

花粉症ではないので今は辛くないけれど、秋になると草でアレルギーが出るので、
風邪でもないのに鼻が止まらないし涙目になるし熱っぽいような気がするしという感覚はわかる。
目と鼻を冷たい水で洗えたら…!と思う感じ。だと思う。
花粉症はそれよりもきついのだろうか。

暖かくなって夜に風が吹いても寒くないのがすばらしい。
だけど風が吹いてるかぎりは花粉も飛んでいるので、朝でも夜でも症状がおさまらないのは大変。

花粉症は免疫の過剰反応であって、免疫力が高い人がかかるわけじゃないらしい。
かからないのは免疫力が低い、にぶいからなのかしら…と思っていたけど、
高さ低さじゃなくて免疫力が免疫のバランスが乱れている時にかかってしまうそうな。

でも免疫のバランスが乱れている人がこんなに沢山いるっていうのも不思議な気がする。

鼻血

小学生の頃はしょっちゅう鼻血を出していて、鼻血といえば私という認識が友達の間でも浸透していたのだけれど、中学高校は年に2・3回出るかどうかレベルまで鼻血を出す頻度が下がっていた。

だけど大学に入ってからバイト先で鼻血が止まらないという事案が発生した。1時間以上止まらないというのも初めてだったし、両鼻から鼻血が出た時は笑った。たしかティッシュが無くなってしまって、バイト先の先輩に下の階のショッピングセンターで箱ティッシュを買ってきてもらったんだった。

その時はいくら休んでも止まらないので、ティッシュを詰めてマスクをし、バックオフィスで掃除をしていた。そこから数日は、風呂にはいる前か夜中に出ることが多かった。夜中に鼻血で起きるのが最高のストレス。

次またバイトに行った時も鼻血が止まらなくなったので一応耳鼻科に行ったんだけれど、そういう日に限って鼻血は出ないし、鼻血の止め方は鼻をつまむことだと当たり前な事を言われるし、塗り薬を渡されて、えっ塗り薬?!ってなるしでなかなか大変だった。そのおかげか自然にかわからないけれど鼻血が出なくなって、先日数年ぶりぐらいに鼻血が出た時、少し懐かしく感じた。

引越し

今年は引っ越しをしようかなと年始に思い始め、もう3月が近づいてきている。

夏に蝉があまり転がっていなさそうな所に住みたい。蝉に罪は無いのだけれど、どうしても怖くて助けることができないので、私の家の前で夏を終えようとしないでほしい。もっと土のある、木の根もととか森に帰って行けたらいいのに…と思いながら、夏の夜は目を凝らして道路を歩いている。

あとはバッタだ。バッタはだめだ。バッタと書いたところで鳥肌と、今朝の夢にスイッチョンが出てきた事を今思い出してしまって寒気がしてきた。忘れたい。

今の家は大通りに面しているので、窓を開けると車の音が大きすぎて声が聞こえないレベルなので、少し静かなところがいいかもしれない。

虫の侵入が無いように安心して窓を開けて(網戸は絶対に開けない)風を感じながら夏の夜を過ごせるような物件を探そうと思う。

三月

三月になってしまった。

三月というと、恩田陸の「三月は深き紅の淵を」のイメージがある。「三月は深き紅の淵を」より「麦の海に沈む果実」の方が面白くて好きだけど、今読み返したら前わからなかった事が理解できるようになっているんじゃないだろうか。

歳を取ってから読みなおして、やっと合点がいくということが結構ある。国語のテストの、この人物の気持ちを答えろとか選べとかいう問題が苦手で、「それは作者にしかわからないし、気持ちを文章に表すことはできない!」っていう読書好きの子が言う理由ではなくて、単純にわからないから苦手だった。

選択問題だと消去法で行っても最後の二択で迷うし、記述式だと加点ポイントを外すし、ちゃんと理解して読んでいるわけじゃないんだなと思う。小説なら話の展開と結末を知るためによんでいるし、何かの論文だとただの問題文という意識しかなくて、考えながら読むっていうことをしていなかったから国語の問題が苦手だったのかもしれない。読んだ物を自分の中で組み立てながら理解するのって、ただ文章を読むのと違う頭の部分を使っているんだろう。

今は余裕ができたのか、感覚が近くなったのか、本を読みながら同時に考えることができるようになったけれど、今でも音楽を聴いても人が言うほど感動できていない気がする。

歌でも歌詞の無い曲でも、耳に心地良いかとか、気分が盛り上がるかとか、素敵な声だとか、そういう表面の部分しか聴いていないんだと思う。歌詞は意識して聴かないと頭に入ってこないし、よく聴く曲でも何を題材に歌っている歌でしょうかと聞かれてもたぶん答えられない。

これもいつもとちょっと違う意識で聴いたら、音楽をもっと感動して聴くことができるんじゃないかなと思う。

カレー

小さい頃、玉ねぎも人参も嫌いだったので(玉ねぎは今でも少しずつしか食べられないけれど)、我が家のカレーは野菜類がものすごく小さい。

小さいというか、みじん切りされた物がさらに煮込まれているのでルーの一部になっている。あれ、、ルウ?ルー?ルゥ…?ルーかな…。
カレーのルーがドロッとしているのは大量の玉ねぎと人参が溶け込んでいるからで、普通のカレーはこんなにドロドロしていなんだと給食の時に気づいた。

そして玉ねぎと人参以外はでかい。ジャガイモは4当分ぐらいの大きさ。いつもスプーンで割って食べてた。肉は牛肉派なので、見た目はイモと肉しか入っていないカレーに見えていたので喜んで食べてたし、カレーの日はテンション上がってた。

煮込まれた中にはセロリもトマトも入っているらしく、母親って野菜を子供に食べさせるのにこんなに苦労してたんだなと。感謝しないと…

忘れ物

姉がよく忘れ物をしたり、出かけると物を無くしてしまったりしていたので、二の舞にならないように…と小さい頃から気をつけていたから自分は忘れ物をしないんだと思っていたけれど、そうでもなかった。普通に忘れる。

完璧だ…!と思っていた荷造りと持ち物リスト自体に忘れた物はないのだけれど、出かけた直後に、入れたつもりになっていたと気づく。何度も思うけど、過信して失敗するパターンに入ることが多い。

抜かりはないか…!と真剣になっている時まではいいのだけれど、その後の気の抜き具合が半端ないのかもしれない。いつまでも気を張っていては疲れるし、適度に気を抜けるようになりたい。適度に。

財布とか携帯とか券とか、大事な物は忘れないけれど、腕時計とか充電器とか無いと地味に困る物を忘れるのでなんとかならないかなと思う。だけどこれは大切な物を忘れない代わりに忘れてしまっているのではと。大事な物を忘れないために何かを忘れ物することによってバランスが保たれているんじゃないだろうか。

と思ったけれどそんな訳ないだろう。

気に入っていた靴下を一気に4足ぐらいマンスリーマンションに忘れた思い出

携帯

iPhoneを見ながら話したりするのが普通になってきてしまって、実家で家族と話したりする時にiPhoneが無くて手持ち無沙汰になることがあってハッとする。
ハッとしなくなったらダメかもしれない。

携帯をいじりながら話すのってなんだか感じ悪いよねって数年前まで思っていたし、そういう風潮だったと思うけど、今の環境にいるからか、自分も相手も携帯をいじっていようが構わない気持ちになっている気がする。

同意の上ならどうでもよいけれど、せめて親とか久しぶりの友人に会う時は携帯を気にしないようにしたい。携帯依存症ダメ絶対

経験値

大抵の人は経験したことがあるということを自分はやったことが無いので、人生の経験値を積まねばという話を最近よくする。

例えば、吉野家とかすき家とか松屋に行ったことがない。あとは献血とか、宅配ピザを頼むとか、マックで何かセットを頼むとか、漫画喫茶に入るとか。

やる機会がなかった、またはやり方がわからなくてできなかったって理由がほとんど。

なんの役にも立たないけれど、自分の経験値としていっぺんやってみようと思う。

逆に一人カラオケとか一人旅はやったことがあるので、一人焼肉とか一人お好み焼きの方向にも挑戦してみたい。